ケンズ コマンタレブー

新店オープン。そしてHPもリニューアルします。

引き渡し直前の新店。タピオ店のような深めのブラウンに、白とオレンジが差し込まれた落ち着いた雰囲気に。




ご機嫌いかが、ケンジです。


最近HPの新商品やイベントの更新がおろそかになっており、皆様には『??』な感じになっていることお詫びいたします。新店準備にバタバタしてしまい、いろんなことが中途半端になってしまっていました。スミマセン...。


何か大きなイベントがある時こそHPが大いに活躍すると思っていますが、このありさま...意味ありませんね。ということで、もう少し簡単に、わかりやすいHPにリニューアルするに至りました。制作会社のGazi工房さんのご提案により、少し今風にドレスアップもされる予定です。うれしい反面HP負けしないパンを作らないと、、、怖いです。







メゾンカイザー仙台マネージャー齋藤

何度も紹介している店長の齋藤君ですが、新店オープンにあたり店長からマネージャーに。




今回の新店オープンは自分の力不足を感じることが多く、反動で随分スタッフのみんなには無茶ばかりいってると思います。HPの構築やその準備においても、Gazi工房のスタッフの方に無理なお願いばかり...。ホントに気合を入れて7月1日の3号店オープンを仕上げないと、みんなからクレーム来そうで、、、怖いです。


みんなにも自分にもプレッシャーかけまくりで、ストレスだらけの毎日ですが、そんなとき「大丈夫ですか?何かしますか?手伝いますよ!」と、休み返上で手伝おうとしてくれるスタッフ。...ホントありがたいです。感動します。頭なんて上がるわけありません。




苺畑

『初心忘るべからず』...畑に来るといつもこの言葉に戻ることができます。今回も村上さんのイチゴに癒され、こつこつ積み上げることの大切さを感じます。




今回の3号店オープンのプロジェクトは、以前に言いましたがとても意味のあることだとは思っています。新たな可能性へのチャレンジであり、ビジネスとしての意味合いも大きい分、リスクもストレスも大きい。だからこそ意味があるのだと。


しかし当然のことながら、会社にとってのリスクやストレスは、結局スタッフに大きく圧し掛かります。...本当にこのプロジェクトはスタッフに必要なのだろうか?オープン直前になってもこの『?』、なかなか消せないままです。こんな弱い気持ちのままではだめなこともわかりますが、うーん、やっぱり怖いです。




畑の中で偉そうなオーナー小島

現場から離れることで、いろんな話ができる特種な場所にもなりつつある畑。良いです。
ちなみに偉そうにしゃべってる風なのが私です。




ただ、こんなストレスだらけなプロジェクトも、なぜか楽しんで進められる自分がいることも確かです。感覚マヒしているだけかもしれませんが、いろんなことが苦にならない。疲れても疲れてもニヤニヤしてます。ここまでくると変態です。


好きなこと仕事にしているせいでもありますが、このプロジェクトに繋げることができたのは、『今より、あと一歩だけ前に進もう』という気持ちだ...と思いたい。こういう感覚ってどんな仕事でも必要なことですが、だからこそウチで仕事にしているスタッフみんなの為にも、何とか成功させたいと思っています。


今の自分達の想いの先の、リア充な未来に立てるよう、1日1個を大切に頑張ります。






シェアする

Ken's comment allez-vous?

記事一覧へ